season3

【相棒ネタバレレビュー】シーズン3・第11話「ありふれた殺人~時効成立後に真犯人が自首!?ゲスト:正名僕蔵

更新日:

相棒 杉下右京 亀山薫 ありふれた殺人出典:ドラマー相棒Season3「ありふれた殺人」

相棒season3・第11話(2005年1月19日放送)
「ありふれた殺人~時効成立後に真犯人が自首!?

ゲスト:正名僕蔵 上田耕一 吉村実子
脚本:桜井武春 監督:和泉聖治

※DVDなどでは第18話となってたりしますがシーズン3では第7話が欠番扱いになっているため正しくは11話です

 

相棒の中でも社会派な話であり、被害者の哀しみを通して時効の是非を問う傑作

相棒全話の中でも支持の高い人気の作品で、私個人もベスト3に入るくらい好きなお話です。

 

 

「相棒」全話の中でも傑作の胸に滲みる回

 

20年前殺人を犯し時効成立(放送時に殺人事件の時効が25年になりましたがそれ以前の事件に関しては適用されません。なのでこの話は時効15年・民事で20年となっています)

捕まらなかった「小見山」が誰かに狙わていると警察に自首して助けを求めるが捜一が「罪悪感からだから遺族に謝れ」と促すも「公表されたら街歩けなくなるだろう」と罪の意識は全くなく俺はもう自由なんだと身勝手な言動を繰り返す。

 

自首した犯人のニュースを知り殺された女子高生の両親が犯人を教えて欲しいと何度も特命係に足を運んできます。

 

情の厚い亀山君はこの御両親に肩入れする気持ちになり家の前まで行ってしまいます。

ここから新たな事件が始まってしまうのです。

 

自首した犯人「小見山」が自室で殺されました。
しかも自分が犯したのと同じ方法で殺されたため両親が疑われますが

 

何故小見山の事を知っていたのか?

 

そこで家の前に行った亀山君が教えたと思われ監察官聴取を受けますが両親には会っていない。

しかしこの行為がこの両親を被疑者にしてしまった訳です。

 

捜査一課に事情を聞かれることになり右京さんのキツい言葉が胸に刺さります。

 

「君がご夫婦に期待させてしまった、そして彼らを被疑者にしてしまった君の底の浅い同情心で」

 

 

時に右京さんの行動は冷静ゆえに冷たく感じることもありますが逆に亀山君の厚い情がアダとなる事もあります。

それを象徴するセリフではないでしょうか。

 

「小見山」の隣に住む弁護士を目指して司法試験の勉強をしている鈴木さん(正名僕蔵)に聞き込みをしたところ、20年前の事件当時交番の警察官だった港刑事が出入りしていたことがわかり今度は彼が監察官聴取をされます。

 

会ったことは認めたが当然殺していない。

 

「小見山」の部屋にあった2つの指紋と大量のレコードが事件解決の鍵となります。

 

何度も隣の部屋の「鈴木さん(正名僕蔵)」に聞き込みに行くと「またですかあ?」と嫌な顔をされる。

司法試験のため1分1秒が惜しい鈴木さんなのです。

 

亀山君が「弁護士になっても目の敵にしないでね」「この調子じゃお約束はできませんね」とのやりとりは重いテーマの話の中で少しクスッと笑える所でした。

 

 

そして2つの指紋の1つは港刑事の物、
では後の1つは?

 

ここで右京さんは

 

「誰が殺したかではなくなぜ殺されたかです」

 

そして隣の部屋の「鈴木さん」にまた会いに行きます。

 

大音量で音楽をかけていた「小見山」に住人から何度も苦情があったのですが

「鈴木」だけは「大音量のレコード」って証言していたんですね。

 

面識もない、部屋にも入ったことがない鈴木がなぜレコードだとわかったのか?
疑いを晴らすために指紋を照合しませんか?と詰める特命係に犯行を認めます。

 

理由は大音量でレコードをかけていた「小見山」に勉強に集中できない「鈴木」が文句をいい揉めてしまったわけですね。

 

「あんな奴のせいで弁護士としての未来がパーだ!」と叫ぶ鈴木に対して右京さんの一言

 

「あなたは弁護士になるべき人ではなかった。ただそれだけの事ですよ」

 

と、冷静に現実を突き付けるます。

 

最近のシリーズの右京さんは犯人に激高する事が多いですが以前はこう冷静な口調で真っ当な現実を突き付けるセリフの方が多かった気がします。

 

私はそんな感じの右京さんのセリフが好きで先のセリフも私の中では5本の指に入るお気に入りのセリフなのです。

 

スポンサーリンク

 

時効制度の問題・被害者を守ることと加害者の人権を守る事とは

 

この結末に官房長官、監察官、刑事部長、参事官の密談がまた警察を守るやり取りで

特に官房長官の上手な立ち回り方はさすがとしか言えません。

 

犯人は民間人、
被害者は20年前の殺人犯ではなくただの被害者
要するに

 

「ありふれた殺人」として発表することになります。

 

そしてこの
「ありふれた殺人」のニュースをTVで両親何も知らずに普通のニュースとして見た後にまた「犯人を教えて欲しい」と特命係に向かうシーンがすごく切ないです。

 

殺された理由もわからず、
犯人が死んだことさえ知らされず、

今まで肩入れしていた亀山君が最後に「教えられません」と強く言い、

ご両親も「あなたが苦しんでいた事はわかってます」と頭で理解で出来ても気持ちは納得も諦めも出来ないという

 

被害者にとっても、被害者家族にとっても辛い思いをする時効制度であったり

加害者の人権を守る法であったりそんな事を考えさせられるストーリだと思います。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

それではまた(^_^)/
ポチッと応援おねがいします♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

-season3
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ドラマ『相棒〜ふたりだけの特命係〜』ネタバレ偏愛レビュー , 2018 All Rights Reserved.