ドラマ『相棒』
~ふたりだけの特命係~
ネタバレ偏愛レビュー

ドラマ「相棒」大好き!独女が
主に初期の亀山薫時代の事を綴ってます

season6

【相棒ネタバレレビュー】シーズン6・第10話 元旦SP「寝台特急カシオペア殺人事件」ゲスト:長山藍子

 

相棒Season6・第10話 開局50周年記念 元旦スペシャル(2008年1月1日放送)
「寝台特急カシオペア殺人事件!上野~札幌1200キロを走る豪華密室 犯人はこの中にいる」

ゲスト:長山藍子 永島敏行 柏原収史 浅利陽介 平岩紙

脚本:戸田山雅司 監督:和泉聖治

 

元日SPも今年で3年目。
ファンとして感無量であり元日の風物詩となりつつある事が嬉しいです。

作品としては過去2年の元日SPが凄く凄く出来が良かったので (特に昨年の「バベルの塔」は賞を取っただけある良作ですしね!)

最初見た感じでは正直物足りなさを感じたんですよね。

 





走る密室での攻防戦・・・だけじゃない

 

カシオペア電車という走る密室の中で起こる事件なのでどうしても犯人も絞られるし、大方の予想は出来てしまった事など・・・

ただ、そこだけで終わらないのが「相棒」なんですよね。

 

絶対何かしら事件に関わっているだろうと思っていた長山藍子さんや平賀雅臣さんが「そうきたか」ってグッド

 

長山さんは切なさもあり特に右京さんと2人きりのシーンの会話はどれも味わいが深いまさに大人の会話。

それ故に悲しみも深く感じられます。

 

 

かと言って、
重たい感じだけではなくお約束の

 

捜一(特にイタミン)のお間抜けさや、

内村部長と中園参事官の4年前の北海道行とは逆の言葉「旅費は出す!!」とか、

薫ちゃんとイタミンの仲良いんだか悪いんだかのオバかな掛け合い携帯電話とか、

右京さんと米沢さんの笑えるけど高度な会話の掛け合いとか、

みわこスペシャルのお雑煮とか、

 

笑いのテイストはきちんと押えてあってやっぱり面白い。

官房長が2人と一緒のシーンがなかったのがちょっと寂しかったけど、

んんん!? だから物足りなく感じたのかな?

 

話は戻して、

相変わらずカニかに座を要求する食えない狸オヤジだけど最後の大河内監察官とのやりとりは今後の映画の付せんではあるのでしょうが大物同士の会話でかなりぞくっとしました。

2度目に見たときは最初に感じた物足りなさが薄れてました。

 

迫力ではやはり過去2作に負けるけど今年はこれで良かったんだろうな~と思ってます。

まぁちょっとした突っ込み所は何ヶ所かあるんですけどね、「気になるのが私の悪い癖」(by右京)って事で、ねっ(^_^;)

 

 浅利陽介さんが青木年男とは別役で出演

Season14 第15話のゲスト出演

そしてSeason15からはレギュラー出演している青木年男役の浅利陽介さん

 

実はこのSeason6でもゲスト出演されていました。

安藤博貴役で最初のカシオペア内での殺人事件の犯人・安藤礼治の息子役でした。

 

created by Rinker
ワーナーホームビデオ

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

それではまた(^_^)/
ポチッと応援おねがいします♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

-season6
-, , , , , , , , , , , , ,

© 2020 ドラマ『相棒〜ふたりだけの特命係〜』ネタバレ偏愛レビュー